私達も佐賀で生きている

と言われている。

私達もです

「生きている」

佐賀は

いつかそれは佐賀の下になるでしょう

、私の愛する人の下で

佐賀のりを使ったポテトチップスが発売

私は家に帰ります。

それまで、今年も

ベストを尽くそう!

本園一雄はねんねつです

知っている佐賀から

尋ねられたとき

「私はすべてを捨てる

そしてと

彼は答えたようです。

「放棄して生きる」

意味は深いと思います。

ポケットも

空にする

私は新しいものを手に入れることができません。

コメントを残す