今回は佐賀の魅力を感じる

「女性」、佐賀の友人の女性、または仕事のパートナーとして見られていない女性。しかし、単純化した瞬間に異性の魅力を感じることがあり、佐賀になることがあります。今回は、女性の友人や同僚を女性として意識した瞬間について男性に尋ねました。

■女性のボディラインを意識したとき
佐賀カフェ ルージュ・エ・ノアール

・スカートが少しひっくり返って太ももが見える(33歳/小売店/ビジネスプロフェッショナル)

・「佐賀が前に傾いたときに偶然に冷やした」(36歳/情報・IT /技術職)
・「体に触れたとき、心を打ったとき、思ったよりも柔らかくなった」(31歳/医療/福祉/職業)

・タイトスカートで復活する。・・・(31歳/情報・IT /オフィス関連の専門家)

目に見える体型のあるきつい服、ちらつきで見える肌。女性と同僚も異性愛者であることをもう一度思い出したのは、私とは違って女性的な体があることに気付いたときです。愛の対象にならなくても、体は自動的に反応するようです。